男と女

「男と女」について、本当にあったことをエッセイに、夢や希望を小説にしてみました。 そして趣味の花の写真なども載せています。 何でもありのブログですが、良かったら覗いて行ってください。
 
2024/06/13 16:14:13|その他
茶臼山933回目

 僕の茶臼山千日回峰行933回目の今日は、西の尾根を登るA2ルートからでした。天気は良く、遠く九州や四国も見えていました。山頂の寒暖計は26℃を指しているものの、日陰はそんなに暑い実感はなく1時間半ほど本を読みましたが、気持ちが良かったです。

 山から下りたら、早速昼食&昼酌でした。

 暑くなって少々疲れが残っているようなので、今日は二度も登るような馬鹿な真似はせず、このまま飲んで過ごします。皆さんも、良い木曜日の午後の時間をお過ごしください。








2024/06/13 7:31:59|畑と釣り
今朝の畑

 中2日置いて、畑に行って来ました。
 獣害等はなく、野菜は順調に育っていました。今日は、以前イノシシに荒らされた場所に、畝をひとつ作りました。
 今日の収穫は、胡瓜、ピーマンがひとつずつ、それにイノシシに何度も掘り返され虫に喰われて大きくなれなかったキャベツなどを収穫して来ました。
 今日も良い天気、これから山の修行に行って来ます。







2024/06/13 2:00:24|エッセイ
不眠症
 世の中には、不眠症で悩んでいる人がけっこういるようで、Youtubeでも安眠を誘導する朗読などがたくさんあります。
 眠れないことは辛いものです。
 夜中の12時に目が覚めました。目が冴えて眠れません。
 仕事をしている頃なら、寝よう寝ようとして益々眠れなくなり、不眠症に陥るでしょう。ところが、今は仕事もなく、明日しなければならないことはありません。眠れないからと言って、どうってことはないのです。寝なければならないと思う時に眠れないから不眠症になるので、寝る必要がないときに眠れなくても不眠症の感覚はありません。明日眠くなれば、そのときに寝れば良いのです。そのまま起きていることにしました。
 仕事を辞めて時間から解放されたことで、不眠症も無くなったのです。







2024/06/11 13:24:20|茶臼山
茶臼山931回目

 昔、グランドキャニオンで、嵐の夜に小屋が壊れてラバが逃げ出しました。しかし飼い主は慌てませんでした。翌朝、谷底の小屋に行くと、ラバ達はみんなそこにいました。谷底まで観光客を運ぶことを仕事にしている彼等は、他に行くところを知らなかったのです。
 今日は、午前中に歯医者に行くつもりで、朝早めに山に登りました。山から下りて歯医者に電話をすると、予約でいっぱいなので午後からにして欲しいと言います。ぽっかり時間が空いてしまいました。
 それで他に行くところもなく、また山に登って来ました。ラバ達も僕も、悲しい宿命を背負って生きているのです。
 お陰で山の貯金が25になりました。







2024/06/11 8:38:43|茶臼山
茶臼山930回目

 今日は、歯医者や図書館に行く予定なので、6時過ぎに家を出てCルートから930回目の茶臼山千日回峰行に行って来ました。
 山頂からの麓の景色は、薄い靄に霞んで見えていました。
 朝早いこの時間は年金アワー、何人かの高齢者と出会いました。
 千回まであと70回、この調子で行くと8月半ばには目標達成できそうです。







[ 1 - 5 件 / 2556 件中 ] 次の5件 >>