救済会 憩の園在日協力会

1958年、ブラジル社会福祉法人救済会「憩の園 (いこいのその)」は、主に日系人のお年寄りを対象とした老人ホームとしてサンパウロ市に開園し、その役割を担って参りました。 しかし、ブラジルの国状および日系人を対象とする施設の性格上、「憩の園」運営の現状は、近年大変厳しいものとなっています。 余儀ない事情で「憩の園」に老後を託した在園者の方たちへ、日本から温かい支援をお届けし、余生の日々に懐かしさと喜びを味わっていただけたらと、日々願っています。
 
2017/06/29 22:17:00|入会のご案内
ご支援のお願い

1996年、日本で数名の支援者が中心となって「憩の園」在日協力会を発足いたしました。以来、皆様からのご協力で支援金、リハビリ・介護用品、衣類等の援助を行っております。また、ブラジル日系社会の現状や「憩の園」の広報活動にも力を入れております。日本と異なる厳しい状況下で暮らす入園者を支援するために、当会へのご入会をお願い申し上げます。
  1. 個人会員:年会費 1口 2,000円から
  2. 賛助会員:随時、随額の支援 物品その他の支援
  • 会費振込先:【郵便振替】
           加入者名:憩の園在日協力会
           口座番号:00150-0-583489
          【銀行振込】
           銀行名:三菱東京UFJ銀行  新宿新都心支店
           店 番:329 口座番号:0086693
           口座名:憩の園 在日協力会 高橋久子   
「憩の園」在日協力会事務局
〒160-0023 東京都新宿区西新宿8-13-18 クレイン西新宿101
TEL/FAX 03-3361-5679     infomailhisako@yahoo.co.jp 

在日協力会の概要  ←Click







フェスティバル ラティノアメリカーノ 2018 チャリティーバザー

フェスティバル ラティノアメリカーノ 2018 チャリティーバザー

 

【日時】 10月22日(月) 午前11時〜午後3時
【場所】 東京プリンスホテル階 「鳳凰の間」「マグノリアホール」
住所】東京都港区芝公園3-3-1
【アクセス】
○JR線・東京モノレール浜松町駅から徒歩10分。
○都営地下鉄三田線御成門駅(A1)から徒歩1分。
○都営浅草線大江戸線大門駅(A6)から徒歩7分。
○都営地下鉄大江戸線赤羽橋駅から徒歩7分。
○地下鉄日比谷線神谷町駅(3番)から徒歩10分。

【入場券】 2,000円 
       豪華な賞品が当たる抽選券付き(当日購入できます)
【内容】
中南米及びカリブ諸国特産の珍しい民芸品・コーヒー・ワイン・食料品等、日本の衣料品(婦人服)等、たくさん取り揃えております。

 
憩の園在日協力会は、憩の園在園者の作品(モップ、毛糸の靴下等)、チョコレート、コーヒー、バナナータ、コーヒーキャンディ、ふきん、テーブルクロス、プロポリス石鹸等多数ご用意しております。

なお、入場券代、バザーの収益は中南米及びカリブ諸国の福祉友好親善の諸事業などに充てられます。
 

多くの方のご来場を心からお待ち申しております。

救済会憩の園 在日協力会
H.Takahashi








憩の園 第44回慈善バザー

憩の園では、8月18・19日の2日間にわたり、恒例の『第44回慈善バザー』を開催しました。
 

今年はブラジル日本移民110周年、憩の園創立60周年、救済会65周年と3つの節目が重なりましたが、それを祝うに相応しい大勢の皆様にご来園を賜り、おかげさまで大盛況のちに閉会となりました。
 

様々なバザー商品、在園者手作りの編み物はもちろん、天ぷらうどん・ラーメン・豚カツ・焼きそばなど日本食定番メニューは大好評で、また、阿波踊りや太鼓、歌謡ショーなどの舞台のイベントも大変な盛り上がりでした。
 

日本は猛暑晴れですが、南半球のブラジルはからっとした冬です。写真をご覧いただき服装で気づかれた方も多いかと存じます。
 

ブラジルから残暑厳しき日本へのお見舞いです!!

H.Takahashi


 







第15回チャリティ大バザー参加の報告

今年、60周年という節目を迎えられた社会福祉法人 青少年福祉センターですが、7月22日(日)に聖心インターナショナルスクールにて第15回チャリティ大バザーが盛大に開催されました。
このチャリティ大バザーは2年に1回開催されているイベントですが、憩の園在日協力会の出店も今回で4回目となります。
 
青少年福祉センターは、1958年に行き場のない戦災孤児のためにアパートの一間を借りて活動をスタートしました。
時代と共に社会のニーズも変化して、近年では親からの虐待などにより自宅で暮らせない児童や発達障害等を抱えた児童が急増し、親がいながら親元で暮らせずに入所するケースが増えています。
このような入所児童の変化は必然的に支援の内容の変化をもたらします。
物心両面のケアを視野に入れた支援をしていくには、指導員を増やしてきめ細やかな支援がますます必要です。
社会福祉法の改正により地域貢献事業を行うこととされ、行政からの補助金等はあるものの運営資金は今まで以上に必要です。

憩の園在日協力会は、青少年福祉センターの趣意に賛同し、微力ながら協力させていただくために出店させていただいております。
 
とても暑い日でしたが、たくさんの方が入場されて、スクールの外も内も大変な熱気に包まれました。
憩の園在日協力会は、バザー定番のブラジルのチョコレート、コーヒーキャンディ、バナナータ(ブラジルのお菓子)、イグアスコーヒー、プロポリス石鹸、ふきん、入所者手作りのモップ、毛糸人形の「すずきくん」を販売しました。

折しも秋篠宮家の真子様が日本人のブラジル移住110周年でブラジルをご訪問中で、在日協のブースに大きな関心を寄せてくださった方が多かったです。
憩の園の宣伝とブラジル製品の販売にも貢献していただくバザー出店となりました。

青少年センターのバザー担当の皆様、そしてご来場くださった多くの皆様方、ありがとうございました。

(H.Takahashi)







第15回チャリティ大バザー(7/22)

青少年福祉センターは、今年で創立60周年を迎えました。
その記念すべき年に開催されるチャリティ大バザーに是非ご参加下さい。


チャリティ大バザーは、2年に1度開催されていますが、
前回は700名余の方が来場されました。

堀り出し物が満載で、楽しいゲーム、おいしい食事も用意され、
抽選会では素敵な賞品が当たるチャンスがあります‼


憩の園在日協力会もこのバザーに参加し、ブラジル製品を販売します。
皆様のお越しを心よりお待ちしております。

<在日協の出品予定>

チョコレート、コーヒーキャンディ、バナナータ、インスタントコーヒー
ふきん、プロポリス石鹸、入園者作品等


 

「第15チャリティ大バザー」の概要

  • 目的:次世代を支える子供たちを心豊かに育てるために
  • 日時 22 日(日) 10:30〜15:00
  • 場所:聖心インターナショナルスクール   
       東京都渋谷区広尾4丁目3−1

         地下鉄日比谷線広尾駅4番出口(西麻布方面改札)    
  • 主催:(社福)青少年福祉センター後援会
  • 協賛:聖心インターナショナルスクール、聖心同窓会
  • 抽選券付きラッフル券(入場券):500円
    ※当日会場で購入できます 

https://sites.google.com/issh.ac.jp/eflsummerprogram/access







[ 1 - 5 件 / 135 件中 ] 次の5件 >>