救済会 憩の園在日協力会

1958年、ブラジル社会福祉法人救済会「憩の園 (いこいのその)」は、主に日系人のお年寄りを対象とした老人ホームとしてサンパウロ市に開園し、その役割を担って参りました。 しかし、ブラジルの国状および日系人を対象とする施設の性格上、「憩の園」運営の現状は、近年大変厳しいものとなっています。 余儀ない事情で「憩の園」に老後を託した在園者の方たちへ、日本から温かい支援をお届けし、余生の日々に懐かしさと喜びを味わっていただけたらと、日々願っています。
 
2017/06/29 22:17:00|入会のご案内
ご支援のお願い

1996年、日本で数名の支援者が中心となって「憩の園」在日協力会を発足いたしました。以来、皆様からのご協力で支援金、リハビリ・介護用品、衣類等の援助を行っております。また、ブラジル日系社会の現状や「憩の園」の広報活動にも力を入れております。日本と異なる厳しい状況下で暮らす入園者を支援するために、当会へのご入会をお願い申し上げます。
  1. 個人会員:年会費 1口 2,000円から
  2. 賛助会員:随時、随額の支援 物品その他の支援
  • 会費振込先:【郵便振替】
           加入者名:憩の園在日協力会
           口座番号:00150-0-583489
          【銀行振込】
           銀行名:三菱東京UFJ銀行  新宿新都心支店
           店 番:329 口座番号:0086693
           口座名:憩の園 在日協力会 高橋久子   
「憩の園」在日協力会事務局
〒160-0023 東京都新宿区西新宿8-13-18 クレイン西新宿101
TEL/FAX 03-3361-5679     infomailhisako@yahoo.co.jp 

在日協力会の概要  ←Click







ラ米バザー中止のお知らせ
毎年恒例の日本・ラテンアメリカ婦人協会主催「フェスティバル ラティノアメリカーノ チャリティバザー2020 チャリティバザー(Festival Latinoamericano 2020 Charity Bazaar)」は、新型コロナウイルス(COVID-19)感染が拡大している状況に鑑み、中止を決定いたしましたので、お知らせいたします。

ご承知の通り、毎年当バザーには多くの方が集いますので、いわゆる「三密」は避けられません。誠に残念ではありますが、やむを得ない判断だと理解いたしております。

中南米諸国では依然新型コロナウイルス感染の勢いは止まっていません。
各国大使館はウイルス対策に奔走されていることと思います。

来年は新型コロナウイルス感染症が収束して、再び賑やかな「ェスティバル ラティノアメリカーノ チャリティバザー2020 チャリティバザー」が開催されますことを心から祈念いたします。










2020/09/02 20:13:44|その他
残暑お見舞い申し上げます
二百十日を迎え、日毎早まる日没や虫の鳴き声に、
季節のうつろいを感じる今日この頃です。

新型コロナの猛威と記録的な暑さに見舞われた夏でしたが、
皆様お変わりありませんか。

まだしばらくは暑さも続く気配、
くれぐれもご自愛下さいますようお願い申し上げます。


憩の園在日協力会一同


 







憩の園 感謝ライブと日本食販売
さる8月15−16日、救済会憩の園では、コロナ禍の中で多くの皆様よりいただきましたご寄付やご支援に感謝の意を込めまして、Youtubeによるオンライン「感謝ライブ」および「日本食販売(デリバリー)」を行いました。

感謝ライブは、歌手のイチムラ・マモルさんが司会進行を務めて下さり、過去に撮影された平田ジョエ、伊藤カレン、ダラン&ブエノ、祭り太鼓などのライブ映像を、5時間半にわたり配信いたしました。

また、日本食販売は、サンパウロ市のニッケイパラセホテルとサンベルナルド・ド・カンポ市のレストランの2か所で、デリバリーまたは持ち帰りで購入していただく形で行いましたが、2日間でなんと3200食ものお買い上げをいただきました。

皆様、本当にありがとうございました。
感謝ライブなどの映像は、以下からご覧下さい‼










多くの困難を乗り越えたブラジル日系社会
大航海時代に連れて来られた黒人奴隷と共に、アメリカ大陸に持ち込まれた病気の一つに、寄生虫の一種ネカトール・アメリカーノがありました。
この寄生虫をはじめ多くの伝染病には、ブラジルへ渡った日本人も大いに苦しめられました。

戦前の日系人開拓地のほとんどが無医村地帯。
苦しむ同胞を助けようと、日本の医師たちがブラジルへと向かいました。
その中に岐阜県下呂市出身の細江静男先生(慶應大学医学部卒)もいました。
のちに「ブラジルのシュバイツァー」と呼ばれるようになった偉人です。

ブラジルの大地を踏んだ細江先生は、日系人のための病院建設業務、アマゾン奥地への巡回、サンパウロ市における夜間無料診療所開設などに従事するかたわら、ブラジルでの医師免許を取得するためにサンパウロ大学医学部へ通い、まさに三人前以上の仕事をやり抜きました。
朝は5時起床、6時半には家を出て通学、診療を終わって帰宅するのは午後11時、これを6年間。
今の時代では過重労働と言われるような生活です。

そのようにしてブラジルで根を張った日本人医師たちは、無医村地帯を交代で巡回するだけでなく、現在のサンタクルス日伯慈善協会サンタクルス病院、サンパウロ日伯援護協会の基盤作りに大きな貢献を果たしました。

「過去を振り返れば、日系社会はこの新型コロナウイルスの問題以上の多くの困難を乗り越え、今日に至っております」
<ブラジル日本都道府県人会連合会 山田康夫会長 ニッケイ新聞より>

憩の園の経営状態は依然苦しい状況にありますが、多くの方々のご支援を受けて運営を続けています。
ブラジル日系社会の団結力は、細江先生がブラジルへ渡った頃から脈々と受け継がれていることを感じる今日この頃です。


さて、掲載している写真は、憩の園に迷い込んだ犬と猫です。
3匹の犬は「大吾」「小吾」「チビ」、2匹の猫には「ミーコ」「ミャンカ」というかわいい名前がつけられ、施設内で面倒をみているそうです。
不安な日々が続く中、この動物たちが入所者やスタッフの方々の癒しになっていることは間違いありません。







[ 1 - 5 件 / 160 件中 ] 次の5件 >>