男と女

「男と女」について、本当にあったことをエッセイに、夢や希望を小説にしてみました。 そして趣味の花の写真なども載せています。 何でもありのブログですが、良かったら覗いて行ってください。
 
2017/06/24 6:10:18|その他
都市の原理
 最近、宮尾登美子の本をいくつか読んでいます。今は、推理小説「湿地帯」です。高知に赴任した県庁薬事課長の、業界の陰謀と不倫を交えた物語です。
 その中で宮尾登美子は、主人公の学生時代の友達の口を借りて、次のように言います。
「都市の形成は30万人がひとつの単位で、その中で環状流をなしている。30万人以下の都市では、人と人が顔を合わせる可能性が高い。だから地方都市では、知った顔によく出会うんだ。俺は、大都市にしか就職しない。一生、秘密や情事を楽しみたいからだ。」
 僕が単身赴任時代、いろいろあったのじゃないかと疑う向きもあるようですが、住んでいた新富町の人口は約1万5千人ほど、いつも飲みに行っていた高鍋町だって2万人ほどでした。これじゃあ浮気してもバレない筈はありません。それが証拠に、何人かの人の浮気の話は僕の耳にさえも入って来ていましたから。
 やっぱり浮気するなら大都会です。女性の皆さん、都会で会いましょう。







2017/06/24 6:04:11|季節の花と写真
日々草
 日々草です。







2017/06/23 17:46:03|エッセイ
男三界に・・・
 昔は「女三界に家なし」と言われていました。幼いときは、父母に従い、嫁しては夫に従い、老いては子に從わなければならなかったので、安心して住める家がなかったと言うのです。
 でも今は、子供の頃は親には甘え、夫にはカカァ殿下で過ごし、歳をとったら子供に寄りかかり、女はいつも天下になっています。
 今日は金曜日、ゆっくりしたいと早目に会社を逃げ出して来ました。でも家に帰れば夫婦喧嘩中の怖い飼い主さんがいますし、外に愛人がいるわけでもありません。結局、池袋と上野近辺をうろついた後、御徒町の立ち飲み屋で一杯飲んで、そこさえ落ち着かず帰るところです。
 今の時代は、「男、三界に家なし」なのですねえ。
 御徒町の「サケ(酒)テラス」には、そんな男がたくさんいました。







2017/06/23 7:02:57|季節の花と写真
紫陽花
 ちょっと花の形が変わっていますが、紫陽花の仲間なのでしょうね。







2017/06/23 5:48:54|エッセイ
オメガ3
 ダイエットを目指している人に朗報です。
 昨日のNHKで“オメガ3”の効用について放送していました。
 我々が食用にする油(脂)は、大きくオメガ3、オメガ6、オメガ9、飽和脂肪酸の4種類に分類されますが、オメガ3については摂取するとダイエット効果があるというのです。油は太る原因だと思っていましたが、種類によっては痩せる油もあるのです。また妊婦にオメガ3が欠乏すると母性を失ってしまうという研究結果もあるようです。
 オメガ3は、エゴマ油、亜麻仁油、青魚、魚油などに含まれていて、油の量でいうと毎日スプーン一杯を摂取することが望ましいと言います。食品としては、アジ、サバ、イワシなどの青魚が良く、番組では、手軽にできるサバ缶の料理も紹介していました。サバ缶は、オメガ3の摂取に最も適しているのです。
 安くて簡単に手に入るサバ缶、皆さんもサバ缶料理に挑戦してみてはいかがでしょう。







[ 1 - 5 件 / 1428 件中 ] 次の5件 >>