ようこそ!こいこい」住まいるリハビリ

平穏な年金暮ら!。「2009交通事故に遭う、障害者2級・介護3」介護支援センターのケアーサービス実施。※パソコン&テレビ(スポーツ・ドキュント等)も楽しんみ、「在宅介護リハビリ(通所・訪問)ライフ」。
 
2018/09/25 6:47:56|新聞を読んで・・・。
旅客機の脱出スライドで負傷者多数、重傷者も
旅客機の脱出スライドで負傷者多数、重傷者も 緊急時に旅客機から外に滑り降りる脱出スライドで負傷した乗客乗員が過去30年間に計約370人に上ることが運輸安全委員会の調べでわかった。スライドが使われた12件のうち11件で負傷者が出ており、重傷者も31人に及んでいた。同委員会や航空各社は被害防止のため、適切な脱出行動を取るよう求めている。 同委員会によると、エンジン火災などで脱出スライドによる緊急避難が行われたのは1988年以降、12件。2007年8月に那覇空港で中華航空機が着陸後に炎上した事故以外はスライド使用時にけが人が出ていた。負傷者の統計数が明らかになるのは初めて。 93年5月、羽田空港で全日空機が着陸後、機内に白煙が充満した事故では、乗客乗員計490人中121人が負傷。60歳代の女性客がスライドから飛び出すように着地した衝撃で胸椎や右手を骨折するなど、うち9人が重傷を負った。







2018/09/24 6:02:41|歳時記(花鳥風月)
「豊作期待できる」マツタケ収穫始まる 兵庫・篠山!。
「豊作期待できる」マツタケ収穫始まる 兵庫・篠山!。 秋の味覚の王様で、全国ブランドとして名高い「丹波マツタケ」の出荷が始まった。収穫した兵庫県篠山市内の男性が、同市垣屋の懐石料理店「風和里」に持ち込み、東京のホテルで提供される予定。店主の中庭哲也さん(59)は「丹波篠山のマツタケにこだわりを持つ人は多い。特長である香りも届けば」と声を弾ませた。 同市中部の山で採れた7〜10センチのつぼみ7本(約230グラム)は軸が太く、芳醇な香りを漂わせている。持ち込んだ男性によると、9月に入って気温がぐっと下がり、雨も降って山の水分も豊富で、例年通りに生育した。今後、台風やシカの食害がなければ、豊作も期待できるという。 同市内では今年3月、地方卸売市場が閉場し、マツタケの競りが行われなかった。仲買人の京都の青果店を通じて、購入した「ホテルオークラ東京」(港区)に運ばれるという。(尾藤央一)







2018/09/23 6:01:05|歳時記(花鳥風月)
関空への鉄道再開=アクセス改善、復旧後押し「楽になった」旅客笑顔 。

関空への鉄道再開=アクセス改善、復旧後押し−「楽になった」旅客笑顔 関西国際空港への連絡橋を通る鉄道が再開され、空港へ向かうJR西日本の電車。手前は橋桁が撤去された道路部分=18日午前、大阪府泉佐野市  台風21号の強風でタンカーが関西国際空港の連絡橋に衝突した事故で、JR西日本と南海電鉄は18日の始発から、連絡橋の線路を通る電車の運行を再開した。空港への交通アクセスが大幅に改善し、復旧の後押しになるとみられる。 JR西などによると、連絡橋の橋桁撤去作業後、線路には大きな損傷がないことが分かった。鉄道は当初、21日の再開を予定していたが、前倒しした。 一方、損傷が激しい道路部分は、通行可能な側を対面で使用しており、マイカーの通行規制も続く。国土交通省によると、西日本高速道路は一部を除き新しい橋桁を架け直す方針で、来年のゴールデンウイークまでの完全復旧を目標に作業を進める。 事故は4日に発生。関空と対岸を結ぶ連絡橋にタンカーが衝突し、橋桁がゆがむなどの被害が出た。連絡橋を通っていたJR西と南海電鉄も運行ができなくなり、無料シャトルバスを往復させ、対岸の駅と関空の間をつないでいた。多くの航空会社が利用する関空の第1ターミナルは21日に全面的に再開する予定。空港の駅には、朝から旅客が次々到着。娘と東京に行く堺市の井上栄子さん(72)は「7月に台湾に行った際も空港への電車が止まり、乗り換えで苦労した。楽に来られてよかった」とほっとした表情。友人と沖縄旅行へ行く女性(22)は「バスだったら1時間は早く家を出ないといけなかった」と、開通を喜んだ。 空港で貨物の仕事をする中西博さん(70)は「鉄道再開でやっと出勤できたが、連絡橋をトラックが通れるようにならないと仕事にならない」と話し、早期の完全復旧を望んだ。 







2018/09/22 6:19:31|歳時記(花鳥風月)
都市型地震「エレベーター不安」手で開ける訓練!。
都市型地震「エレベーター不安」手で開ける訓練!。エレベーターの閉じ込めを想定した救出訓練をする参加者ら(15日、兵庫県加古川市で)大阪府で観測史上初めて最大震度6弱を記録した大阪北部地震では、6万台以上のエレベーターが停止するなど都市災害の課題が浮き彫りになった。18日で地震から3か月。関西ではマンションの住人らがエレベーターからの救出訓練を行うなど、エレベーターに特化した対策も広まりつつある。兵庫県加古川市のマンション「加古川グリーンシティ」(約600世帯)では15日、住人による自主防災組織のメンバーら約30人が、エレベーターの閉じ込めを想定した訓練を実施。エレベーターの保守管理会社から指導を受け、手で扉を開けた男性(71)は「意外と重く、体験しておいて良かった」と話した。同マンションには14階建てを含めて全7棟にエレベーターを設置。大阪北部地震で閉じ込めはなかったが、防災組織の大西賞典会長(56)は、「大地震では救助が大幅に遅れることも想定しないといけない」と気を引き締めた。保守管理会社によると、こうした訓練の依頼は大阪北部地震後、増えているという。 国土交通省によると、大阪北部地震では大阪など5府県で計約6万6000台のエレベーターが停止。閉じ込め件数は東日本大震災の210件を上回る339件で、5時間20分もの間、外に出られなかった人もいた。災害対策を検討する政府の中央防災会議は、想定される南海トラフ巨大地震で、全国で最大約4万1900台のエレベーターが停止し、約2万2600人が閉じ込められると試算する。







2018/09/21 21:00:36|新聞を読んで・・・。
安倍首相が連続3選、有効投票の69%を獲得!。総裁選。
安倍首相が連続3選、有効投票の69%を獲得!。総裁選で連続3選を果たし、記者会見で党人事や内閣改造について述べる安倍首相(20日午後6時7分、自民党本部で)自民党総裁選は20日、党員・党友が投じた党員票の開票と国会議員票の投開票が行われ、安倍晋三首相(党総裁)が有効投票の69%にあたる553票を獲得し、連続3選を果たした。石破茂・元幹事長は254票だった。首相は総裁選後の記者会見で、憲法改正に改めて意欲を示した。近く内閣改造・党役員人事を行う考えも明らかにした。 首相は記者会見で、総裁選で掲げた憲法9条2項を維持し、自衛隊の根拠規定を明記する改憲案について、「総裁選の結果、支持を得られた。結果が出た以上、一致結束して進まなければならない」と述べ、秋の臨時国会に示す考えを表明した。総裁選では、石破氏が9条2項の戦力不保持規定などを削除する案を主張していた。首相は記者会見で「総裁選を経たので(党内で)ご理解いただけると思う」と語り、党内論争の決着をアピールした。







[ 1 - 5 件 / 1913 件中 ] 次の5件 >>